「利き手の矯正」現代では「強制」です。無理に直さないでほしいと願う経験者の話。

旅人の寝言

日本人の利き手は90%が「右」で残りの10%が「左」だと言われています。

私は「鉛筆と箸」は右で持ち、あとはほぼ左で持ちます。

もちろん自分の意思ではありません。

お子さん、お孫さんが左利きだとわかり、矯正を考えているあなた、少しだけ待ってください。

私のような大人にならないために。

なぜ左利きではだめなのか?

左利きで最初の試練と言えば「習字」の時間です。

漢数字の「一」

右利きの人はまず悩みませんが、左利きの人は多いに悩みます。

右利きの人は利き手の方へひっぱるだけですが左利きの人は・・・?

書き順通りに書くと明らかに不自然な形になるんです。

左利きは日本古来の茶道や華道でも行儀が悪いになるようです。

刃物を左で持つことを嫌がる(包丁とか)言い伝えもあった気がします。

昭和の頃、左利きは矯正するのが当たり前でした。

食事の時間は親や祖父母に厳しく言われ、習い事の習字では先生に厳しく言われて

何の罪があるのかとよく泣いた記憶が・・・あるんですよ?

その頃まだ4歳か5歳でしたけど心に残り、叱られて手を何度も叩かれたトラウマが50年経ってもしっかりと記憶に残っているのです。

左利きは直すものでしたので、大人になった時に困らないようにしたいと言う親心だったのは今になればわかりますが、左利きはダメ!直さないと躾にかかわると言う時代でした。

なぜ左利きなのか?

左利きから右利きへ。大人の価値観により、強制的に利き手を矯正させられた子どももいる。「利き手というものは、身体成長の過程で〝決まる〞ものというより、むしろ、最初から脳機能にプログラムされていたものが〝徐々に現れて、はっきりとしてくる〞ものであり、〝直す〞ものではない」

深代千之氏(東京大学大学院・総合文化研究科・教授)

最近の研究で人は言葉を話す時

右利きの人は95%が大脳の左半球を動かすのに対して左利きの人は20%ほど右半球を動かし残りの80%は左右の半球を同時に動かすそうです。

この仕組みが利き手に関与しているのです。

つまり右利きの人と左利きの人は動かす脳の仕組みが違うことがわかってきました。

それを無理に矯正するとどう言う弊害があるのでしょう?

利き手を矯正して起こった矯正あるある。

  1. とっさに右と左の判断ができない。
  2. 初めて持つ道具は最初に両手で持たないと使える利き手がわからない。
  3. 人の前で文字を書いたり食事を囲むのが嫌で仕方ない。
  4. 軽い吃音がある。

簡単に説明すると

1。主に困るのは自分の行きたい方角をとっさに伝えられないため、車などに乗せてもらった場合非常に迷惑をかけます。(車は急に曲がれない)

あとは道案内などは絶対に指さす方向と言葉で言ってる左右が逆になってることが多いです。

まぁたいてい笑われますが一度だけ真剣に病院で診てもらったほうがいいわよと言われたことが😅

2。これは矯正した人あるあるですが例えば仕事道具でこういうものがあります。

これはバーコードラベルや値札を貼り付けるものですが、私はこういう初めて持つ道具に関してはまず、どっちの手で持つのか「手」に聞かなくてはなりません。

この道具の利き手は「左」でした。

初めて触るもの使うものを利き手に聞かないといけないのはまだしも、通常使うものも時々どっちで持つのかわからなくなり、多いに悩むことになります。

そうなると・・・効率さがりますよね。正直悲しいです😢

3。もう「わがまま」に聞こえるかもしれませんが、記帳など人前で文字を書く行為が非常に嫌です。

一応「見た目」は右手で書いてますけど書き順は「左手」なんです。見られている=トラウマが蘇る。そう、子どもの頃の心の傷はこんなおばさんになっても癒えないんですよ。

あとは食事ですね。お箸だけなら右で使えるのでいいんですがテーブルマナーの必要な例えば結婚式などはナイフとフォーク・・・私逆しか持てないのでたいていの人は「ぇ?」って思うようです。

私が右利きの人全員に違和感を感じるのと同じ道理なんですけどね。

4。・・・詰め寄った話などがあるとどもったり軽く吃音になります。少しはましになったと思いますが、人前で恥をかかないようにと矯正したのに結局人前に出るのが極端に嫌になってしまったと言う。おそらく今まだ親が生きていたら悲しむだろうなぁと思います。

これってたぶん矯正された人にだけ起こる「あるある」なんだろうな。

利き手は矯正しないでほしい。

今は左利き用の道具なんでもありますよね?

先に言っておきますが、幼い頃に無理やり利き手を矯正したとしても包丁やはさみ、大人になってからしか使わない道具は左のままの人が多いです。

見た目でその子が生まれ持ってきた脳の仕組みに逆らって矯正するのは自分の体験からも反対です。

日本人のわずか10%しかいない左利きの子は私を除いて非常に利口だと思います。

文字を書く時に考えてから書くことができるし、何といってもこれ!

PCのマウスを持ちながら文字が書ける

あなたのお子さんやお孫さんが左右が言えなくなり、食事をしたがらなくなり、絵を描くことをやめてしまってもあなたは矯正させたいですか?

それこそ勉強する意欲もなくなってしまいますよね?

私から言わせればそれはもう

虐待です。

賛否両論あるとは思いますが、矯正させられて今を生きているものとしてはこんな思いを誰にもしてほしくないと思います。

どうぞまだ昔を生きてる人は躾や行儀がなってないと言う化石さんもいると思いますのでどうぞこのブログを読んでください。

そしてその子の利き手は天からの授かりものとして左利きだと自動切符売り場でお金いれんの不便なのよね~と言う「世間は普通に右利き様用」を笑って聞いてあげてください。

おとなのためいき(今日のしめくくり)

もう旅動画とは全然関係ない話で恐縮です。

今日久しぶりに話した知人が孫を習字教室に入れたんだけどねぇ~

そこの先生は「左利き直しますか?今なら直せますよ?」って言われたんだけどどう思う?って聞くもので「いやいやいや、やめといたほうがいいよ~」って言う話からこうなりました(笑)

嫁さんはさ~それなら直してほしいかもって言ってんだけどねぇ~って・・・

矯正じゃなくて強制じゃん!やめときな、あたしみたいになるよ!って言ったら

んじゃやめとくか!決定権はあたしにはないけどね。

孫が可愛いならやめれ😑

えー?何でだめなのぉ?

で、調べて説明したら嫁さんに話すわ、ごめんねぇ😥

ああ、そうか世の中の人はまだこんな所で何でだめなのかって思ってるのかと思いまして

記事にしました。

あなたはどう思いますか?

    

          

タイトルとURLをコピーしました