いなか暮らしに必要な家を探す方法

おとなのVLOG

はーとさん
はーとさん

いなかで暮らす決心をしたらまず最初は「家」探しよね?賃貸がいいのかしら?それともマイホームを考えるべきかしら?

ひらめさん
ひらめさん

そりゃやっぱ賃貸からのほうがいいんじゃない?

もしその土地が合わなかったらとか考えるとね。

もぐもぐん
もぐもぐん

都会と違って人付き合いとか大変そうだしな。

でもさ、よそ者に家を貸してくれる人なんているのかな?

たかしくん
たかしくん

そうだよね、賃貸なんてそもそも田舎にあるのかな?

ってなると土地を買って家を建てるしかないよね?

住まいは賃貸か持ち家か?

この場合、自分が生まれ育った故郷へ帰る人と(Uターン)

都会暮らしから離れて地方へ移り住む場合で(Iターン)少し事情は変わってきます。

Uターンの人には支援してくれる人がある程度見込めますし、親から譲り受けた土地に家を建ててしまえばそれで問題解決です。(なのでこちらは割愛します。)

Iターンの人は都会に住み、都会で働き生活をしてきた人がたまたま出かけた旅行先などに移り住みたいなど「縁もゆかりもない土地」への移住になります。

例えばですが、私は先日「長野県松本市と安曇野市」に旅行に行ってきました。

緑多い土地、豊かな大自然、土地柄でしょうが優しい人が多くここに移り住めると人生変わるかな?と真剣に考えました。

そしてその長野県では移住支援が積極的に行われています。

楽園信州空き家バンク – 長野県 移住者向け空き家ポータルサイト
長野県 移住者向け空き家ポータルサイト

各市町村には「おためし住宅」と言う制度もあり、短期間ですが実際に住んでみることもできます。

日本では過疎になっている自治体もあり、長野県のように積極的に移住者を受け入れる制度があるところが多く見受けられます。

まずはこのような制度のあるところから始めてみるのが失敗しないコツです。

都会からいきなり動くものは動物や昆虫しかいないような土地に移り住むのはあなたにとっても家族にとってもデメリットしかありません。

賃貸住宅が探せばあり、買い物も今と比べれば少しだけ不便くらいの土地が実は一番住み心地が良かったりするのです。

最近目を引いた移住サイトを何個は貼り付けておきます。

沖縄公式移住応援サイト

沖縄県公式移住応援サイト おきなわ島ぐらし
...

北海道美唄市移住応援サイト

移住・定住 北海道への移住 美しき唄のまちへ | 美唄市

北は北海道、南は沖縄まで探せば公的な移住支援サイトはたくさんあります。

住んでみたいなぁと考えてる市町村でググってみると見つけられると思います。

空き家バンクなどで見つけた家をリノベーションが理想

もちろん、新築で新しい家を建ててしまうのが理想ではありますが、中には古民家やまだ少しの補修で住める家などもあります。

もし気に入った土地に本気で移住するなら以下の住宅には気を付けてください。

1.別荘地にある住宅

不動産情報でよく見られる物件です。もちろん全部NGではありませんが、別荘地に建つ住宅は年間かなり高額な自治会費がかかる場合があります。温泉が引き込めるところもありますが引き込み料金は200万を超えるところもあり、それだけ支払っても使用料も毎月必要になります。

びっくりするような格安の物件には理由がある。ことを念頭に置いておいてください。

2.まさかの1円リゾートマンション

たいていはバブル期に建設されたものですが、先日何気に見ていたら1円で売りに出ているマンションがありました。

ご存じの方も多いとは思いますが、この手のマンションは固定資産税や共益費、修繕費が莫大に必要になってくる場合があり、払いきれなくなって手放した、もしくはただでもいいから手放したい人がこの時代になって存在します。

終の棲家として購入したが年金で賄えなくなってしまった失敗例も多く聞きます。

持ち家なのに負の遺産になって未来の子供たちに負担がいってしまうこともあります。

最近では不動産会社も月々必要な費用を割愛してしまってることがあります。

購入される場合はくれぐれも注意してください。

で、結局のところは空き家バンクなどに登録されている家を自分たちが住みやすいようにリノベーションして住むのが一番いい方法だと私は思います。

最近人気のある古民家もある程度リノベーション工事が必要になってきます。

難しく考えず不動産を見てみよう。

Iターンを考えて移住を計画する時には家族状況を最優先させなければなりませんね。

今、住んでる家や通ってる学校、勤め先これらをまず考えてみましょう。

東京に今住んでる人なら千葉県や神奈川県などがおすすめです。

大阪なら三重県や和歌山県など近隣県で豊かな自然に恵まれた土地を探されるといいでしょう。

大都会と言われる都市も少し離れると田舎になることが多いですよね。

私の経験から言えば、言葉のコミュニケーションが必要な子どもたちがまず面喰うのが「方言」です。からかいの素にもなりかねません。

中にはド田舎や無人島などに移住を考える人もいますが、これは一人暮らしでもかなり大変な生活を強いられることになります。

実際に千葉県では

移住・定住

移住制度がありました(笑)

その他にも

すでに持ち家があり住み替えをしたい方などはご相談ください。

大福帳あとがき

私たちが子どもの頃、親たちには「終身雇用」と言う言葉がありました。

今にして思えば束縛以外の何物でもない言葉ですが・・・。

苦労して大学を卒業してやっと就職した会社。

勤務年数が長くなって積み重ねてきたキャリア。

田舎暮らしを始めるなら大半の人は転職をすることになります。

親はよくこう言ってました。

これからの時代は「手に職を持っているものの勝ちだな」と。

今になってその言葉は身に染みます。本当に何か1つでも資格があれば人生はまた変わっていただろうなぁと。

ただ1つ言えることは

あなたがもし明日会社を辞めてもあなたのキャリアはまた別の誰かが引き継いでいくのです。

でもあなたの人生はあなたにしか引き継げないし切り開くこともできません。

年老いた時に後悔ばかりの人生は寂しすぎます。

こうしておけばよかった、ああすればよかったではなくて

こうしておいて本当に良かったな。そう思える人生を歩んでいく上で少しでもお役に立てれば幸いです。背中は押した、あとは踏み出すだけです。

タイトルとURLをコピーしました